Study English TOEIC

【Part7を制する者はTOEICを制する 】WPM(Words per minute)って?

2020年3月14日

こんな方におすすめの記事です

  • TOEICのPart7が全然解き終わらない
  • 長文アレルギー
  • はじめてTOEICに挑戦する

 

 

こんにちは♪英語コーチのSAYAです(*^^*)
本日はTOEICのリーディングパート、
時間内に解き終わらない問題(切実)について書いていきます!


日本の社会でTOEICのスコア=英語力と判断される事も少なくない中、
皆さん本当にTOEICスコアを上げる為の勉強の順番、
比重の置き方を非常に間違っていらっしゃいます・・・
知らないで勉強をしていると勿体無い、
スコアの上がりにくい、
実に効率の悪い学習
になります。

TOEICのPart構成のおさらい


TOEICのPart構成のおさらいですが
【リスニングPart】と【リーディングPart】
この2つに分かれます。

  • 【リスニングPart】1・2・3
  • 【リーディングPart】5・6・7

本日はその中でもPart7に焦点を当て、
解説していきます♪

TOEICの問題数を知り、比重を知る



ポイント

まずリーディングPartで大事なのは
Part5(文法Part)とPart7です。
Part6は点数配分が少ないので、
700点超えてから勉強すれば大丈夫


Part7の点数配分、全部で54問で、
1問5点とするとPart7だけで、270点!
リーディングPartの54%を占めています!
(TOEICを主催するIIBC・国際ビジネスコミュニケーション協会様、
大盤振る舞いありがとうございます。笑)

つまり、Part7を制する者はTOEICを制します。

引用 英語コーチSAYAの名言


Part7の54問、
リスニングパートで疲れた後にPart5でも
体力集中力を消耗させられた後やってくる最後の難関Partです。
でも、Part7は言ってみれば国語のテストの現代文のようなもので
読めば答えが必ず書いてあります!
つまり、いかに早く読めるか?
がとても大事になってきます。

(※↓こちらは分かりやすくリーディングPartを
パンケーキの対比で表してみた図です。
Part6は別添えのバターのような存在です。)

関係ないですが
パンケーキは
クリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー 
(CLINTON ST. BAKING COMPANY & RESTAURANT)
のパンケーキです。
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13159456/

話が飛びましたが、
WPM(Words per minute)とは直訳で
1分間に読める語数の事。
単純にこれは英語に限らず測ることができます。

WPMを上げるには?TOEICで求められるスピード


TOEICのリーディングパートを解き終わる人は
どのくらいのスピードで読んでいるのかというと、
1分間に150ワード!!!
日本語でも慣れないうちはしんどいレベルではあります。
TOEICは常に時間との勝負です。
日頃から1分間に150ワードのスピードを意識して読んでみてくださいね!

イメージがつきにくいと思いますが、
そんな方にはこちらの「ポリグロッツ」
というアプリがおすすめです。
https://www.polyglots.net/app/polyglots/
速さを設定するとそのスピードで下へ下へと強制的に
スクロールされていきます。
ご自身の興味のある記事で試されてみてくださいね♪

そしてWPMを上げる為にはポリグロッツや
速さを意識したリーディングPartの反復と、
同じ記事を何度も音読する事がおすすめです!

もちろん、私のコーチングでも
WPMを上げるトレーニングは行っておりますので、
ご興味の有る方はお問い合わせください♪

それでは(*^^*)

-Study English, TOEIC
-, , ,

Copyright© 英語コーチSAYA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.